コラム

最新コラム

エラ:ヒロヒ式の特徴

2014年8月4日更新

1.正面顔で横幅が小さくなり、小顔効果が強い 正面顔を小さくするには、外板(がいばん)は分割して全層に切除する ※ CT、3次元実体模型なくして外板分割切除は行うべきではありません。下歯槽神経損傷の可能性が少なからずあります。私は3次元実体模型で下顎骨内を走行する下歯槽神経の深さをあらゆる位置で把握したうえで安全に外板分割切除を行っています。神経の深さによって切除範囲、切除方法が異なります。 骨切りか?骨削りか?の手術適応の選択ですが、2次元実体模型から下歯槽神経の走行の深さを確認し、評価したうえで術式を決定します。 通常は、下歯槽神経走行の深さは外側皮質骨から5~10mmの距離があり…

続きを読む

新着コラム一覧

人気カテゴリ一覧