顎矯正手術 上下顎前突の整形手術・しゃくれ解消上下顎前突1

顎矯正手術 上下顎前突上下顎前突1
総論
このページのご紹介内容

Bimaxillary protrusion.

上下顎ともに歯槽骨の前方突出で、比較的小さい顎骨に対して歯列弓がよく発達した場合の咬合状態を呈します。顔貌の特徴は口元が出ているが、オトガイ(あご先)は大きくはないことです。上下前歯部が前方に傾斜して、口唇の閉鎖困難を伴う場合が多い。

セファロ上では、SNA角及びSNB角が大きく,SN-Pog角がおおむね正常である顔貌である。

治療法

上・下顎前歯部歯槽骨切り術(分節骨切り術)

上顎・下顎前突同時手術

上顎・下顎前突同時手術

上顎・下顎前突同時手術

下顎骨全体の前突が強くない場合には、前歯部を後退させる術式として、上下の第一小臼歯を抜歯して空隙をつくり、そのスペースを利用して上下の前歯部を後退させます。

歯科矯正治療


・手術の詳細はこちら

上下顎前突

上下顎前突1

上下顎前突1

このページです。