顎矯正手術 下顎前突(受け口)整形手術下顎前歯部歯槽骨切り術

顎矯正手術 下顎前歯部歯槽骨切り術
総論
このページのご紹介内容

下顎前歯部歯槽骨切り術

 

下顎前歯部歯槽骨切り術の中規模式図

歯槽骨性の反対咬合においては、歯科矯正治療をおこなうか、歯槽部骨切り術で治療を行います。歯槽骨性ということは、オトガイの突出はないということです。骨格性下顎前突に本術式を適応しますと、オトガイの突出だけが改善されないため、かえってしゃくれ顎が強くなりますので注意が必要です。

下顎前歯部歯槽骨切り術は、下顎前方歯槽部を後方もしくは垂直方向に移動させる方法で、下顎前歯部の唇側傾斜を伴った下顎前突症や前歯部の開咬症など下顎前歯部の位置以上を呈する顎変形症が適応となります。通常は左右第一小臼歯(4番)を抜歯して、その前方部(3~3番)を後方移動させます。

・手術の詳細はこちら

下顎前突(受け口)