オトガイ(あご)・顎削り延長(顎を長くする)の整形手術

顔面輪郭形成術 オトガイ(あご)延長(顎を長くする)
総論
このページのご紹介内容

短いアゴを長くするには?

  1. オトガイスクエア骨切り術
  2. シリコン・インプラント挿入術

下口唇からオトガイ先端まで女性平均で35~36㎜です。したがって3㎝ほどですと実際にかなり顎は短く見えます。

アゴが短いため長くしたい、という相談は決して多くはありません。

通常はあご先が後退しているためにアゴが短く見えることが多いのです。

その場合にオトガイを長くする手術法は、シリコン・インプラントなど人工物を挿入して長さを足す方法が主流です。

人工材料としては、ハイドロキシアパタイト、メタクリル酸メチルなども使用できます。

また骨切り術としては、オトガイ水平骨切り術も適応になります。骨切り角度をつけることにより、末梢骨片を斜め下に延長することができます。

オトガイが短いが後退していない場合には、オトガイスクエア骨切り術で下方向に骨を延長しながら、アゴ先を細くすることができます。

オトガイの長さが短い(33㎜以内)症例の改善手術方法

1)オトガイが後退している場合:オトガイ先端を下方に延ばしながら、前に出す

  • シリコン・インプラントは、オトガイ先端を斜め下方向、すなわち前進+延長効果があります。
  • オトガイ水平骨切り術も適応されます。

2)オトガイが後退していない場合:真下にあご先を伸ばす(前方には出したくない)

  • オトガイスクエア骨切り術は、通常オトガイ先端を前進させることなく、真下に延長する場合に適応があります。

・手術の詳細はこちら

オトガイ(あご)の美容整形