顎矯正手術 上下顎前突の整形手術・しゃくれ解消

上下顎前突

Bimaxillary protrusion

上下顎前突

Bimaxillary prognathism

上下顎前突(両顎前突症)の患者様の主訴は、上下唇と前歯の突出感を訴えます。
上下顎前突には2種類あり、その顔貌は明らかな違いがみられ、治療法も異なるため区別する必要があります。

このページのご紹介内容

 

1.Bimaxillary protrusion

症状について

1.Bimaxillary protrusion 症状について

"口元だけが突出"している状態です。下顎骨自体はむしろ劣成長の傾向にあることが多いです。鳥のようなくちばし、ということでバードフェイスを呈します。

上下顎ともに歯槽骨の前方突出で、比較的小さい顎骨に対して歯列弓がよく発達した場合の咬合状態を呈します。特徴としては、上下前歯部が前方に傾斜して、口唇の閉鎖困難を伴う場合が多い。セファロ上の特徴は、SNA角及びSNB角が大きく,SN-Pog角がおおむね正常な顔貌です。

治療法

上・下顎前歯部歯槽骨切り術(分節骨切り術)

下顎骨全体の前突が強くない場合には、前歯部を後退させる術式として、上下の第一小臼歯(上下左右4番)を抜歯して空隙をつくり、そのスペースを利用して上下の前歯部を後退させます。

歯科矯正治療

手術同様に上下左右の4番を抜歯して、歯列矯正を行い、しゃくれを解消します。治療期間は約2年を要しますが、抜歯部の空隙はほぼ隙間なく閉じられて、きれいな歯並び、かみ合わせとなります。最近ではインプラント矯正という新技術が普及し、従来よりもより一層前歯を後退できるようになってきました。

2.Bimaxillary prognathism

症状について

2.Bimaxillary prognathism 症状について

口元が中顔面に対して突出していますが、さらにそれより下顎全体が突出しているため、強い三日月顔を呈します。オトガイが大きく前方に突出しているのが特徴です。

上顎前突症と、それにも増した下顎前突症を合併した顔貌です。セファロ上の特徴は、SNA角が正常より大きく、かつSNB角がそれより大きな値を示し、SN-Pog角も大きいことを特徴とした顔貌です。治療法としては歯列矯正では満足する結果を得ることは難しく、手術療法以外は考えられません。このような症例に歯科矯正による治療行って歯並びだけをつじつま合わせのように整えてしまいますと、顔貌のコンプレックスが残ってしまいます。結局は歯並びは良くなったが、手術で顔貌の改善を希望される場合にはかえって不利な条件となります。矯正治療でできること、できないことをはっきりと明確に理解したうえで患者様自身が治療法を選択すべきです。

治療法

Two Jaw Surgery(上下顎同時手術)

上下顎ともに後退させますが、とりわけ下顎の後退量が重要です。

上顎LeFortI型骨切り術ないし前歯部歯槽骨切り術+下顎枝矢状分割術(SSRO)ないし垂直骨切り術(IVRO)を基本としたしゃくれ解消術です。下顎後退術単独でも可能な場合もあります。その場合には上顎前突に対しては歯列矯正治療を併用することになります。