顔面輪郭形成術 顔面輪郭形成術頬骨削り

頬骨縮小術

頬骨縮小術

頬骨の側方への張り出しを改善するために頬骨内方転位を行っていますが、内側移動量は右側6mm、左側5mmです。手術前には凸凹とした顔面輪郭でしたが、術後にはこめかみから頬にかけて凹凸のない滑らかなアウトラインとなりました。

頬骨縮小術+エラ(下顎角形成術)

頬骨縮小術+エラ(下顎角形成術)

頬骨内方転位移動量は右8mm、左7mmです。頬骨、エラが強く張り出しており顔が大きくそのせいで目鼻などのパーツは中央に寄っていました。患者様はできる限り小顔になりたいという希望でした。手術前には頬骨弓の張り出しが強く、正面顔では耳があまり見えなかったのですが、頬骨内方転位により顔の横幅が細くなったために、両耳がしっかり見えるようになったのがわかります。また中央に寄っていたパーツがバランス良い配置になっているのがわかります。エラの改善手術と合わせて、斜めから見た際には頬部(cheek)の面積が大幅に減少したため、3次元的に大きな小顔効果が得られています。

頬骨縮小術+エラ・オトガイ(Vライン形成術)

頬骨縮小術+エラ・オトガイ(Vライン形成術)

頬骨内方転位量右7mm、左6mmです。頬骨、エラの張り出しは強く、オトガイは短く平坦であるため、スクエア(四角い)な顔型でした。頬骨は正面から見た際に横幅は大幅に減少しており、斜めから見た際にも突出が減少しているのがよくわかります。オトガイからエラにかけてはほっそりとしたVライン形成術を行っています。その結果として顔型は理想的な卵形に改善しております。

頬骨(ほおぼね):症例写真

  • 頬骨縮小術(+エラ縮小術)
  • 頬骨縮小術(+エラ縮小術+オトガイ骨切り術)
  • 頬骨縮小術(+エラ縮小術)
  • 頬骨縮小術(前面のみ)
  • 頬骨縮小術(+エラ縮小術)

  • 頬骨縮小術(+エラ縮小術)
  • 頬骨縮小術+エラ縮小術
  • 頬骨縮小術(+エラ縮小術+オトガイVライン形成術)
  • 頬骨縮小術
  •