顎矯正手術 上下顎前突の整形手術・しゃくれ解消上下顎前突1

顎矯正手術 上下顎前突上下顎前突1

手術の方法

上顎前歯部歯槽骨切り術

左右小臼歯部頬側と唇側正中部、口蓋側正中部の4ヶ所に縦切開を加え、唇側および口蓋側の骨切りに際して骨膜をトンネル状に剥離します。その後、唇側突起基部から梨状孔に向かう骨切除または骨切離、鼻中隔下部の骨切り、口蓋骨の骨切除または骨切離を行って、上顎骨前方部を後方あるいは上方に移動する手術法です。

切開、剥離

“骨膜下剥離"

第一小臼歯を抜去し、第二小臼歯部の中央部頬側に垂直方向の歯肉切開を歯肉頬移行部まで行い、骨切除部位の頬側歯肉を剥離します。頬側の縦の切開は、骨切除位置よりも後方で行い、軟組織の切開部と骨の合わさる位置を一致させるべきではありません。なお、頬側歯肉の縦の切開を垂直としないで後上方に行い、頬側軟組織茎を最大限にする方法も勧められます。

骨切り線デザイン

“骨膜下剥離"

予想模型から切除する骨の幅を決めラウンドバーなどでマーキングします。

骨切り

“骨切り

Lindemannバーを用いて生理的食塩水を注ぎながら、歯槽骨を口蓋側骨面まで切除します。その際、口蓋側の粘膜骨膜を損傷しないように注意します。側方の切除した歯槽骨基部から梨状孔下縁まで粘膜骨膜弁をトンネル状に剥離し、Lindemannバーにて頬側骨壁を切除します。

口蓋の剥離

“口蓋粘膜骨膜のトンネル状剥離

口蓋の正中部に縦の切開を加え、側方部および口蓋正中部から口蓋粘膜骨膜の剥離を行います。

骨切り

骨切り

切除予定の口蓋骨にバーで印をつけ、軟組織を損傷しないように口蓋骨を切除します。

鼻中隔軟骨切除

前鼻棘の粘膜(唇側正中)に縦の切開を加え、梨状口下縁を露出し、鼻腔底粘膜を剥離し、前歯部の移動範囲で鼻中隔を骨ノミにて離断します。手圧で前歯部骨片を前上方に反転骨折させ、骨鉗子を用いて鼻中隔の残存部を除去します。

骨片干渉部分の削骨

予想模型と前歯部移動骨片を試適しながら、余分の骨辺縁をバーや骨鉗子を用いて削除し、予定の位置に前歯部骨片を指にて圧迫して移動させます。上顎前歯部歯列と側方歯列にステップが生じる場合は、必要に応じて口蓋正中部を分割する。このさいは口蓋側から正中部にバーで刻みを入れ、薄い骨ノミを用いて分割します。手術が予想どおりにいかない場合は障害をなっている骨を削除するが、唇側の粘膜を損傷しないように注意します。

顎内固定

“口蓋粘膜骨膜のトンネル状剥離"

良好な歯列が得られた顎内固定を行います。通常、予想模型から作成しておいたオクルーザルスプリントを試摘し、理想的な骨の移動を確認し、上顎歯列を咬合床に固定します。固定法としては、矯正装置の唇側弧線を用いて移動骨片を固定する方法もあります。

閉創

最後にペンローズドレーンを術後の腫脹防止のため留置し、唇側、口蓋側の粘膜を縫合して手術を終了する。

下顎前歯部歯槽骨切り術

粘膜切開

粘膜切開

初めに下口腔前庭にコの字型の切開線を粘膜にマーキングします。局所麻酔を散布したあとエピネフリンの効果出現まで待機したのち、切開は、左右小臼歯間歯肉唇移行部の下方4~5mmの粘膜にメスを入れた後、一気に骨膜まで達し水平方向に切開を続けます。次に左右小臼歯部分で縦方向の切開を入れてコの字粘膜切開とします。

剥離

粘膜切開

切開部からエレバトリウムを骨膜下に挿入し、粘膜骨膜弁を剥離します。縦の骨切り線上の細い歯肉弁の剥離は損傷しないように慎重に行います。オトガイ部の剥離は、ガーゼを骨膜下に介在させて徒手的にめくるような感じでおこなうとオトガイ部骨体が露出されます。その際オトガイ孔も確認しておきます。

小臼歯抜歯

粘膜切開

2mmラウンドバーで左右の小臼歯唇側の歯槽骨を削って小臼歯を露出させます。これにより小臼歯は容易に抜歯することができます。その後小臼歯歯槽部の舌側粘膜骨膜も剥離しておきます。

骨切り

骨切り

抜歯した小臼歯部で縦の骨切りは、舌側の粘膜、軟部組織を剥離子で保護しながら、3mmのラウンドバーで行っています。その際に隣接歯の損傷に十分注意が必要です。

横方向の水平骨切りは、歯根尖端より5mm下方に離すように設定してサジタルソーを用いて行います。左右の縦の骨切り線と水平骨切りが連結すると骨片が可動性を持つので容易にわかります。舌側皮質骨が完全に切断できていない場合には骨切り線にエレバトリウムなどを入れて不完全骨切り部を探し、ピンポイントに骨切りをおこなうべきです。舌側筋組織からの出血を認めた場合にはここで確実に止血しておかないと、術後に口底部が腫脹し、呼吸障害を引き起こすことがあるので注意が必要です。

可動性となった骨片は舌側軟部組織によってのみ栄養されていることに留意して、舌側骨膜が骨片より剥離されないように、また歯根を露出させないように注意しながら、縦の骨切り部の余剰骨を予定した咬合位が得られるようにバーで削除、調整する。

骨片の固定

特に、術前モデルサージェリー上で作製しておいたオクルーザルスプリントに前方部骨片が適合するように骨断端部を削合し、骨片が予定の位置に動いたところで、マイクロプレートで骨接合を行います。

歯間固定

粘膜切開

粘膜切開

さらに骨片の安定を図るため犬歯と第二小臼歯の間をワイヤー(8の字)で締結します。

閉創

縫合は正中部にまずマットレス縫合を一針行って、左右の切開線の縫合に移ります。その際ペンローズ・ドレーンを2本留置します。骨膜を十分に密着させ、血腫の形成を防止するためオトガイ部は弾力絆創膏で圧迫、固定します。

上下顎前突

上下顎前突1

上下顎前突1

このページです。